特定秘密保護法案、成立間近です。賑わってます。


まぁ、こういった事に関しては勿論様々な意見があって当たり前だし、他の人の考えを否定するつもりは無いけれど、みんなホントに特定秘密保護法が無い方が良いと思ってるのかなぁ。法というガイドラインが無いまま隠蔽が繰り返されるよりは遥かにマシだと思うんだけどな。仙石みたいなヤツを野放しにさせていられるような体制では絶対にいけない。そして法という強制力が無いから、日本はスパイ大国と揶揄されるくらい情報が他国へ筒抜けなのではないのか。


そもそも尖閣事件みたいな、国益に反する事例の証拠を隠蔽するような真似をしていた民主党が声を荒げていること自体笑っちゃう話ではあるけど。あんなもん、売国以外に隠す理由が見つからないよ。あの映像突きつけて尖閣問題を優位に進められたはずなのに。しかも皮肉にも内部告発でバレてるし。まぁ、この法案が成立されたら堂々とスパイ行為は出来なくなってしまうからね、そりゃギャーギャー騒ぐか。


あと、言論の自由、表現の自由がなんちゃらなんて話をしているけれども、そもそも「特定」秘密保護法なのだから、特定の秘密を知りえるような国会議員であったり国家公務員に適用されるものであって、基本的には全国民がそういった事を統制されることは有り得ない。そんな国家機密レベルの情報を国民が持てるようなら、それこそ情報統制が必要だし、そんな国は終わってます。まぁマスメディアにはポジティブな事では無いので良いようには書かないだろうし、それを拡大解釈してしまっている方が多いように思う。メディアに踊らされている気がします。



ただ、安倍政権が成立を急ぐ理由が何なのか。野党にスパイみたいな連中がわんさか居るのは分かるが、第三者機関の在り方、機密情報の範囲、もっともっと議論の余地はあると思う。勿論会期内での成立を目指してるんだろうが、こんなやり方ではさすがに国民の理解を得られないと思うのだが。



情報というものは、の武器にもなるし、弱点にもなる。
国家機密レベルの情報は、管理されて当然と思う。
特定秘密保護法は、要はスパイから日本を守るための法律。スパイ達がそれを必死に止めようとしているようにしか見えない俺はひねくれているのか。