The Purpose of Life

2011年03月

久々にブログでも書こう。




地震から2週間が過ぎ、関東近郊では徐々に普段の生活に戻りつつある。



あの日、俺は職場に居たんだけど、ホント今まで体感したことのないような揺れだった。ネットポールはグニャグニャしてるし、駐車場の車もガタンガタン左右に揺れてるし、ヘタしたら死ぬかもって思った。



幸い、職場は窓ガラスや壁が一部破損したくらいで済み、家も無事だった。ニュースを聞いていても、こんな大きな地震にも拘らず倒壊した家屋がさほど多くなかったようで、やはり地震大国だけあって耐震性能は高い模様。日本の技術力の賜物。



しかし、二次災害の津波による被害が甚大で、海岸沿いの街は見るも無残な姿に。黒い波が車や家屋をおもちゃのように飲まれていく様子は、津波のパワーの凄まじさを物語ってた。

ライフラインは寸断され、通信手段も食料も無い状況。道が瓦礫で塞がれ救助するにもできない状況。

そんな中、各テレビ局のヘリは取材の為に現場へ。取材が悪いとは言わないが、もっと出来ることは無いのか。孤立状態の地域に物資を届けるなり空から落とすなり出来ないのか。その機動力を、取材ではなく被災者の援助には生かせないのか。そもそもヘリなんか飛ばしたら、瓦礫の中で助けを求める声だってかき消されてしまうし。

被災者に無神経な質問をぶつけるバカなインタビュアーもいた。

そして、テレビ局各局は連日同じような内容ばかり。他局と連動して、地震・津波・安否情報・ライフライン関連とか分担して放送出来ないのか。

ウチがウチがと、改めて色んな意味で視聴率ありきという構図を見せ付けられた気がする。

そんな中、いち早く通常の内容を放送したテレ東、俺はそれでいいと思う。役割を果たしていると。




そして今、世間を揺るがせているのが、三次災害の原発問題。何とか最悪の事態になることは免れているが、依然として沈静の目処は立たず。放射能が目に見えないこと東電の情報公表が遅いことで、より国民の不安感を煽り、野菜等の出荷停止も相次いでいる。

まぁ元々は東電の天災に対する認識の甘さと言ってしまえばそれまでだが、現場の東電社員は被曝の恐怖に曝されながら、今も俺達の為に命懸けて戦ってんだよね。受け取り方は人それぞれで勝手だけど、何だかね。

特に、いちいち雄弁に能書きたれて批判してる連中にイラッとする。結果を見てから、ただ批判するなんて簡単な事。批判するならするでいいが、それに見合った現状の打開策を提示しなさい。今更批判するだけ批判して、あとは知らんぷりなんて、見て見ぬふりよりタチ悪い。


ただ、東電社長はとりあえず1回出て来て頭下げろや。


あれだけ安全だと言われ続けてきた原子力発電。ここにもメディアの原発に対する隠蔽体質の匂いがするが。福島第一原発が使えなくなった今、代替電力の確保は必須。どう賄っていくのか。いつまで計画停電は続くのか。まだまだ問題は山積。



西日本の人々、どんどん電気を使って、どんどんお金を使って、日本を元気にしてください。復興には、どうしてもお金が必要不可欠。日本経済の下降は被災地の復興にも悪影響。金は天下の回り物。使わなきゃ回らない。こっちも計画停電の影響は少なくないが、やれることはやって、少しでも被災地の復興に役立てるといいな。



不謹慎という言葉、もう一度少し考えてみよう。その言葉だけですべて片付けるのは間違っている、と俺は思う。



おしまい。

城内のヤオハンのマックが潰れてた。


バイパス沿いのマックでマンハッタンバーガーを喰らう。


旨いじゃない。ゴタゴタしてないあの感じ。僕は好きです。もっかい食いたいな、あれは。


つか、近くにモス出来て欲しい。



29日のNZ戦、結局海外組もほぼ召集するらしいじゃないの。あー行きてぇー。12日に追加販売もあるらしいし、ちょっと頑張ってみようかな。最近サッカー熱が上がってます。またWE買おうとしてます。11面白いのかなー。

このページのトップヘ